この度、映画『アイアン・スカイ』が9月28日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開される。「第二次世界大戦後、敗北したかに見えたナチス軍は、月の裏側に逃げ込んだ。そして2018年、地球を侵略しに帰って来る」という衝撃のプロットで世界中を席巻した映画『アイアン・スカイ』。フィンランド、ドイツ、オーストラリアの共同製作である本作は、世界中の映画ファンからカンパを募り、その総額が約100万ユーロ(約1億円)に上るほど、ファン待望の作品となっている!!ヨーロッパを中心に公開がスタートし、大ヒットを記録!続編や前日譚の制作も決定するなど、この秋、最注目のSFアクションエンターテイメント作品だ!!

本日、8月1日より『アイアン・スカイ』の公式HPがリニューアルされた。そして、それと同時に、「ハウニブで日本全国侵略せよ!」という気になるキャンペーンが始まった。プロパガンダ活動第二弾となるこの活動内容は、Andoroid版アプリ「AR UFOカメラ」とコラボしたアプリを利用して、身近な場所を撮影し、宇宙船ハウニブに侵略されている様子を「#鉄空日本侵略」を付けてtwitter上にアップするというもの。Andoroidを持っていない場合は、既存のアプリや写真スタンプ、手作り宇宙船など何を利用してもよいようだ。自分の身近な場所が、宇宙船に侵略されている様子を激写して、日本全国が月面ナチスに侵略されるイメトレをしてみては。今回、この活動を達成すると、現在、『アイアン・スカイ』ファンの間で、とても話題となっているオリジナルステッカーがセットとなってプレゼントされる。

最近、二子玉川や赤羽でUFOの目撃情報が多数寄せられているようだが、実はすでに月面ナチス軍によって密かに侵略が開始されているのかもしれない。ヨーロッパで予想以上の大ヒットをしている『アイアン・スカイ』だが、ついに日本にも侵略の波が押し寄せてきたのだ。この秋、日本中が『アイアン・スカイ』旋風に巻き込まれることは間違いない!!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49876

執筆者

Yasuhiro Togawa