特定非営利活動法人 国連UNHCR協会は、10月13日(土)から28日(日)までの土・日曜日の6日間、「ヒューマン・シネマ・フェスティバル2012 supported by AEON」を全国20ヶ所で開催します。同フェスティバルは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の駐日事務所が2006年より毎年開催してきた「UNHCR難民映画祭」の上映作品を中心とした秀作を、より多くの方にご覧いただけるよう、2011年より全国規模で開催されています。第2回となる今年も、さまざまな人間の生き様を描いた作品を、ワーナー・マイカル・シネマズとイオンシネマズのご協力を得て、無料でお届けいたします。

【「知る」ことは、私たちにできることを考える大きな一歩 】
世界には過酷な環境で力強く生きる人々が存在します。苦しみながらも希望を捨てずに懸命に生きる彼らの姿は、家族や友人と過ごす時間がかけがえのないものだと改めて教えてくれます。映画をご覧になり現状を知ることが、私たちにできることを考えるきっかけとなれば幸いです。

■作品概要

『未来を生きる君たちへ』 監督:スザンヌ・ベア
デンマーク=スウェーデン/2010/118分/デンマーク語・スウェーデン語・英語

愛と憎しみの間で揺れ動く父子の絆の物語
アフリカのキャンプで働く医師アントン。貧しさが犯罪を生む環境を目の当たりにし、デンマークに残してきたひとり息子を想う。一方、息子は学校で執拗ないじめにあっていた。人の心の善悪を浮き彫りにし、決定的な危機を乗り越え、さらに強く結ばれていく絆を描いた感動作。2011年米国アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞W受賞。

『灼熱の魂』 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
カナダ/2010/131分/フランス語・アラビア語

過酷な運命に翻弄された母の生き様を知った姉弟は・・・
不自然なほど子どもと距離を置いていた母が亡くなり、取り残された双子の姉弟。母が彼らに託した手紙は、今まで存在さえ隠されていた姉弟の父と兄に宛てたものだった。彼らは母の故郷・中東にその手紙を届けようとするが、それは宗教・民族間の争いに巻き込まれた母が、生きることを決してあきらめなかった軌跡を追体験するものだった。2011年米国アカデミー賞?外国語映画賞ノミネート、カナダジニー賞8部門制覇

『すぐそばにいたTOMODACHI』 監督:セシリア亜美 北島
日本/2011/100分/日本語・ビルマ語/ドキュメンタリー

被災地復興に手を差しのべた難民たちと被災者の心の交流
2011年3月11日の東日本大震災を受け、被災者のために立ち上がったのは、95人もの日本で暮らすミャンマー難民だった。自分たちの生活もままならない中、それでも困っている人たちを助けたいと願う彼らの姿をカメラは追っていく。第6回UNHCR難民映画祭(2011年)オープニング作品。

■予約方法 (10月1日10:00より予約開始)
①公式ウェブサイト http://humancinemafestival.org
 「専用予約フォーム」からオンライン予約
②フリーダイヤルから予約 0120-540(ゴシエン)-732(ナンミンニ)(月〜土10:00〜18:00)
③各上映劇場窓口での申し込み
 (※イオンシネマズ4劇場は各開催日の3日前より受付開始)
*一部変更になる可能性があります
*上映時間などの詳細は、上記上映会場にお問い合わせください

執筆者

Yasuhiro Togawa