月の裏側で息を潜めていた ナチス軍が地球襲来!

この度、映画『アイアン・スカイ』が9月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開される。「第二次世界大戦後、敗北したかに見えたナチス軍は、月の裏側に逃げ込んだ。そして2018年、地球を侵略しに帰って来る」という衝撃のプロットで世界中を席巻した映画『アイアン・スカイ』。フィンランド、ドイツ、オーストラリアの共同製作である本作は、世界中の映画ファンからカンパを募り、その総額が約100万ユーロ(約1億円)に上るほど、ファン待望の作品となっている!!ヨーロッパを中心に公開がスタートし、大ヒットを記録!続編や前日譚の制作も決定するなど、この秋、最注目のSFアクションエンターテイメント作品だ!!

そんな話題作『アイアン・スカイ』の初日が、ついに決定した!9月28日(金)より、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開となる。そして、初日公開を記念して、今まで伏せられてきた場面写真が初公開となった!セクシーなナチ女こと地球学者レナーテ・リヒターとナチス将校クラウス・アドラーの画像となる。本作の主役であり、月面ナチス軍である二人の背後には、なんとアメリカの国旗が見えるではないか。ここが月の裏側でないことは確かだが、では、一体、ここはどこなのか。地球側との平和的な交渉しているようにも見えるが、いや、もしかすると。すでに地球を侵略した後ではないのか…。非常に気になる場面写真だ。また、レナーテの衣装にも注目が集まる。胸元が強調され、ボディラインもくっきりと美しく、男性はもちろんのことだが、女性も着てみたいと思うようなスタイルの衣装であるだろう。実際のナチス軍も、軍服にとてもこだわっていたという歴史もあるため、その部分も継承しているのではないだろうか。

日本での初日もついに決定した『アイアン・スカイ』。ヨーロッパで大ヒットしている本作は、今後、日本でも盛り上がること間違いなし!この秋、最も話題の作品の公開が今から待ち遠しい。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49876

執筆者

Yasuhiro Togawa