今世紀最大の映画プロジェクト「アベンジャーズ」が4/25(水)より世界各国で公開され、全米を始め記録ラッシュを続けている。特に全米では5週目も好調を維持し、歴代興行収入では「ダークナイト」(※5億3,334万ドル)を抜いて、遂にトップ3にランクインした。現在、全米においては、36個の興行記録を保持している。

さらに、注目すべきは全世界の興行収入である。6月3日(日)までの集計で13億5,520万ドルとなり、こちらも「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(※13億2,810万ドル)を抜いて、見事ベスト3入りを果たした。

待望の日本公開は、年間で最も人々が劇場に足を向ける8月に決定。公開順としては大トリを務める日本でも各国に劣らぬ記録と現象を巻き起こす事は間違いないだろう。世界中のメディアでは歴代1位の「アバター」(※27億8,230万ドル)、2位の「タイタニック」(※21億7,570万ドル)の記録を抜けるかが、最大の焦点となっている。【数字はBOX OFFICE MOJO】

<全世界歴代興行収入ランキング 5/28>
★1位 「アバター」   27億8,230万ドル
★2位 「タイタニック」   21憶8,520万ドル
★3位 「アベンジャーズ」       13億5,520万ドル
★4位 「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」   13億2,810万ドル
★5位 「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」 11億2,370万ドル

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48742

執筆者

Yasuhiro Togawa