中国で公開されるやいなや、『レッドクリフ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』を軽く超え、前代未聞の興収7億元(日本円で約80億円)を記録!中国映画“歴代”興行収入No.1のメガヒットとなっただけでなく、先の読めない奇抜なストーリー展開から社会現象を巻き起こした。さらに、ハリウッドにも進出し確固たる地位を築いたチョウ・ユンファ、俳優としても名を馳せるチアン・ウェン、カンヌ国際映画祭で主演男優賞の受賞経験も持つグォ・ヨウという中国の三大スターが夢の競演。すべてが今までの中国映画を凌駕する究極のエンターテイメント大作がついに日本に上陸する。

監督:チアン・ウェン(『鬼が来た!』カンヌ国際映画祭審査員グランプリ受賞)
原作:馬識途「夜譚十記」/撮影監督:チャオ・フェイ/音楽:久石譲/美術:ウィリアム・チャン
出演:チョウ・ユンファ/チアン・ウェン/グォ・ヨウ/カリーナ・ラウ/チェン・クン/フー・ジュン/チョウ・ユン

7月6日(金) TOHOシネマズ六本木ヒルズほか、全国ロードショー

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50250

執筆者

Yasuhiro Togawa