東宝東和配給で、5月25日(金)より日米同時公開となります、大人気SFアクション・エンターテイメント大作『メン・イン・ブラック3』(3D)。

全宇宙の秩序と平和を守るため、人類にまぎれて地球に生息するエイリアンの行動を監視する政府の極秘組織=[MIB]。その第一線で活躍する黒づくめの敏腕エージェント“J”(ウィル・スミス)と“K”(トミー・リー・ジョーンズ)の抱腹絶倒コンビの活躍を描き、全世界1000億円を超えるメガヒットとなった超人気シリーズが、スクリーンに帰ってくる!

この度、本作の名コンビ、ウィル・スミスと、トミー・リー・ジョーンズの来日が決定いたしました!また、トミー・リー・ジョーンズ演じる“K”の40年前を演じたジョシュ・ブローリンと、バリー・ソネンフェルド監督も一緒に来日します。

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの2人が本シリーズで揃って来日するのは、2002年にパート2のPRで来日して以来、実に10年振り!その後、ウィル・スミスは順調にヒット作に出演し、最近ではプロデューサーとしても知られており、本作では主演だけでなくシリーズで初めてプロデューサーもとしても名を連ねています。
一方のトミー・リー・ジョーンズは、BOSSのCMで日本でもおなじみのスターとして不動の人気を誇っています。

ウィル・スミスは本作のキャンペーンのため、なんと10日間で8か国を回るハードスケジュール!
そしてなんと自身の家族やスタッフなど総勢20人もの取り巻きを引き連れてプライベートジェット2機で来日する予定です。

5月8日(火)には、都内でレッドカーペット、ジャパンプレミアの実施を予定しております。この10年でますますパワーアップしたコンビが、日本に「メン・イン・ブラック3」旋風を巻き起こします!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48547

執筆者

Yasuhiro Togawa