この度、一般社団法人外国映画輸入配給協会(外配協)の発足50年を迎え、4月11日(水)に記念式が開催されました。世界各国の映画を日本に普及させる活動を行ってきた当協会が、50周年を記念致しまして、より外国映画の素晴らしさをより多くの方に広めるサポートをいただく為に、今回に限り外国映画ベストサポーター賞を制定致しました。その栄えある授賞者に、藤原帰一さん(東京大学大学院法学政治学研究科教授)と前田敦子さん(AKB48)が選ばれ、式典にて授賞式が行なわれました。

受賞理由として、藤原さんは雑誌などの連載で数多くの外国映画を紹介し広めてくださっていること。前田さんは忙しい中にも時間を見つけ劇場へ足を運び、自身のブログでも数々の作品を紹介するなどの“サポート”ぶりが評価されての受賞となった。受賞式では、自身の受賞に驚きを表しつつも、若い人に外国映画を観て夢を持ってほしいなどと熱弁を語り、終始映画愛が溢れたイベントとなりました。

日時■2012年4月11日(水)
会場■有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
登壇者■藤原帰一さん(政治学者、東京大学大学院法学政治学研究科教授)、前田敦子さん(AKB48)

■今のお気持ちはいかがですか?
藤原さん:
なんで僕が?という驚きが一番ですが、映画ファンの1人として悦んで賞を頂きたいと思います。映画を観るのに、時間をつかってるわけで、観ながらだんだん良くなると思っても、最後がだめだとがっかりしちゃいますけど。

前田さん:
(私も)自分が受賞ということで、ビックリという感じです。どうして私がって・・・。私こそただの映画ファンなので。外国映画はたくさん夢が詰まってて本当に好きなんですよ。本当にいろんな夢を見せてくれるので、感謝しています。

■映画は年に何本ぐらい観ますか?
藤原さん:
年間200本を切ってしまっています…。200というのがひとつの基準になるかと思いますが。いつもは夜の11時ぐらいに映画を観はじめて、よかったらそのまま寝るんですけど、イマイチだったらお口直しにもう1本古い映画を観たりして、そうこうしていると200本くらいになってますね。

前田さん:
私はDVDプレイヤーを常に持ち歩いて、待ちの時間やメイクの時間など、細かい時間で観たりもしています。そういうのも入れると多いときは週に5本くらいのときもありますね。1日に2本観たりとかも普通です。映画を観るときは、もちろん字幕です!映画をそのまま味わいたいし、そのままの声と雰囲気で楽しみたいです。

■一番好きな外国映画を教えて下さい。
藤原さん:
大学教授として、これは観ておかないと映画好きとは言えないというのは『市民ケーン』や『黒い罠』だと思います。もう、観てないというのはあり得ないですね。1人の映画好きとしての好きな映画は、『カサブランカ』ですね。映画の基本だと思います。

前田さん:
私は映画にも出演させていただいているので、どうしても撮られる側で考えちゃうときがあります。「今のアングルってどうやって撮ったのかな」って、考えながら観るのが好きです。最近よかったのは、『ヒューゴ(の不思議な発明)』がすごく良かったです!この映画を観て、まだまだ自分も知らないことが沢山あるんだなと思いました。最近ではあと『アーティスト』を観ました。
友達で「字幕の見方が分らないから外国映画を観ない」っていう子が多いんですけど、なんで!?って思うんですよ。映像と文字が同時に見られないらしいんですけど、それはきっと慣れだし、自然に出来ますよね。

■最後にメッセージをお願いします。
藤原さん:前田さんがおっしゃった『ヒューゴ』も『アーティスト』も、昔の映画の愛に詰まった作品。それを前田さんのような若い世代の人が楽しんでくれているのは本当に嬉しい。今劇場で公開されている映画は面白いものばかりです。アートフィルム系では『メランコリア』や、ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』も素晴らしい。今の映画館には幸せしか詰まっていません!

前田さん:外国映画は本当に詰まってると思います。外国映画は“本物”だと思います。あまりそういうことを言うのもよくないかもしれないんですけど・・・(笑)。私もこれまでに外国映画を通して、沢山の夢を見せてもらいました。私と同じ世代で、まだ自分の夢を持ってない人は、夢を持つキッカケになると思うし、夢が広がるキッカケになるはずなので、是非、スクリーンで映画を観て下さい!生きている間に観きれないと思いますけど、もっともっと映画を知りたいです。まず『カサブランカ』、必ず観ます(笑)。楽しみです!

執筆者

Yasuhiro Togawa