マイケル・マン製作、実娘アミ・カナーン・マン監督が大注目のキャスト陣を迎えて贈る、テキサスに実在する“殺人地帯”での実話をベースに描く本格派クライム・サスペンス『キリング・フィールズ失踪地帯』(原題:Texas Killing Fields)の日本公開が4月14日(土)に決定致しました。

◆クロエ・グレース・モレッツ、サム・ワーシントンほか人気実力派俳優共演!
『キック・アス』の強烈なキャラクターから『モールス』の狂気を孕んだ少女役まで、多彩な表情を魅せる若手注目度NO.1女優クロエ・グレース・モレッツや、『ラスト・ナイト(原題)』『マン・オン・ア・レッジ(原題)』や『タイタンの戦い』続編など、2012年に主演作の公開が続くサム・ワーシントン、「グレイズ・アナトミー」『シャンハイ』など人気、実力ともうなぎ登り中のジェフリー・ディーン・モーガン、さらには『ツリー・オブ・ライフ』等の好演が光り、本年度アカデミー賞助演女優賞の大本命のジェシカ・チャステインなど今まさに旬なキャストたちが大集結した!!

◆マイケル・マン製作、実娘・アミ・カナーン・マン監督が超強力タッグ!
監督アミ・カナーン・マンは、『ヒート』、『インサイダー』、『コラテラル』のマイケル・マン監督が手塩に掛けて育て上げた気鋭の女性監督。父親譲りの才能を活かして、クライム・サスペンス映画の分野で才能が開花。見事に重厚な作品に仕上がった本作は第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された注目作だ。

◆テキサスに実在する“殺人地帯”での実話がベース!
大都市テキサス郊外にある犯罪多発地帯で失踪した一人の少女を刑事たちが救い出すー。
脚本家、監督たちによる徹底した現地取材にもとづき練り込まれた脚本は胸に迫る力があり、観る者を釘付けにする。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50041

執筆者

Yasuhiro Togawa