第23回東京国際映画祭 アジアの風出品など各国の国際映画祭にて賞賛を浴び、昨年の第21回アジアフォーカス福岡国際映画祭でも上映され記憶に新しい、台湾の実力派シアオ・ヤーチュアン監督作品『台北カフェ・ストーリー』の待望の日本公開初日がシネマート六本木にて4月14日(土)に決定!
そこで公開に先駆けた4月6日(金)、2008年に大ヒットした台湾映画 『海角七号/君想う、国境の南』に続き、本作中で歌声を披露した中孝介さんを特別ゲストに迎え特別先行上映会を敢行します。
先着70名様に限り、中孝介登壇特別先行上映会のチケットを下記URLより販売スタート!上映後に製作秘話や撮影時のエピソードなどが聞ける、盛りだくさんの金曜の夜をお楽しみに!

【チケット購入URL】 
http://www.taipeicafe.net/150-2

◆登壇者プロフィール◆ 中孝介(あたりこうすけ)
奄美大島のシマ唄で培われたコブシまわしが独特なヴォーカリスト、表現者。
2006年のデビュー以来、「地上でもっとも優しい歌声」のキャッチコピー通りの優しい歌声、楽曲を多数リリース。下は5歳から上は80歳までと、老若男女幅広い層の支持を集める。
デビュー以来、中華圏でもその独特のヴォーカルにより人気を集め、2008年に台湾で公開された台湾映画「海角七号」に本人役で出演し、この映画が歴代台湾映画の興行収入を塗り替えるほどの大ヒット。
10月19日には豪華作家陣、豪華コラボレーションによる3rdアルバム「キセキノカケラ」をリリース。
12月からは「中孝介コンサートツアー2011−2012“キセキノカケラ”」全国11公演を開催する。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48816

執筆者

Inoue MidoriInoue Midori