ニッポン放送で過去36年に渡り、毎年クリスマスに実施してきた目の不自由な方のためのチャリティ・キャンペーン「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」が初のドキュメンタリー映画「ミュージックソンTHE MOVIE 〜オードリーの爆笑24時間宣言〜」として完成。

舞台は、昨年2010年12月24日から25日のクリスマス。 メイン・パーソナリティをお笑いコンビのオードリーが務めた第36回ラジオ・チャリティ・ミュージックソンの模様を彼らのテレビではけして見せない素顔の24時間の動きを中心に追っかけているドキュメントタリー映画。

初代の出演者萩本欽一、徳光和夫、テリー伊藤、熊田曜子、ベッキー続々と登場する豪華ゲストや、下積み時代に苦楽を共にしてきたショーパブ芸人、そしてオードリーと心温まる盲学校の生徒たちとの交流など魅せて、笑わせて、涙さそう場面有り。 元々記録映像として納めていたこの映像の中には、普段観ることのできないラジオの世界の裏側と、「誰だって、誰かの役に立ちたい・・・」その思いをラジオだから出来たリスナーとの心をつないできたことが伝わるストーリー!
また、今回の上映に際して劇場観賞料金から100円が本年度第37回の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」(メインパーソナリティ:ゆず)に寄付されることになっている。

※「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するキャンペーン。

■出演:オードリー(若林正恭、春日俊彰)、サンドウィッチマン(声の応援)
 他ミュージックソン出演ゲスト
■監督:宗岡芳樹 脚本:藤井青銅 イメージソング:ゆず「翔」
■上映時間:1時間30分

「ミュージックソン THE MOVIE 〜オードリーの爆笑24時間宣言〜」
■公開日:2012年1月14日(土) 
■公開劇場:ユナイテッド・シネマ豊洲、ユナイテッド・シネマ札幌
ユナイテッド・シネマ豊橋18、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13にて公開

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49923

執筆者

Yasuhiro Togawa