大森南朋主演映画『東京プレイボーイクラブ』(配給・スタイルジャム/配給協力・ビターズエンド)が、2012年2月4日(土)に、渋谷ユーロスペース他、全国で公開することが決定しました。

本作は、昨年のゆうばりファンタスティック映画祭で、『青春墓場〜明日と一緒に歩くのだ〜』で見事グランプリを受賞し、審査員長のジョニー・トーをして「恐るべき監督の出現だ」と言わしめた25歳の新人監督・奥田庸介と、今最も実力を人気を兼ね備えた俳優・大森南朋がタッグを組んだ作品で、大森が今まで見せたことがないハングリーな男をワイルドな色気で演じており、さらなる新境地を切り開いています。さらに、今や日本映画に欠かせない光石研との名(迷?)コンビぶりは必見です。

このたび、11月19日(土)から開催する「第12回東京フィルメックス」コンペティション部門への出品が決定しました。「東京フィルメックス」は、これまでも、園子温監督、塚本晋也監督、黒沢清監督らの作品が出品されており、熱い観客に指示されてきた実力派が集まる映画祭だけに、新人・奥田監督への期待の高さが伺えます!
そして、公式上映が行われる11月25日(金)には、主演の大森南朋の舞台挨拶も決定しました。新人監督にも関わらず、大物キャストとタッグを組んだことでも話題を集めている本作、大森の登壇で一層映画祭を盛り上げます!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49264

執筆者

Yasuhiro Togawa