この度、多くのファンから絶大なる支持と注目を集める大人気ロールプレイングゲーム大作『Dragon Age』シリーズが映画化されることとなり、
正式タイトルを映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』として、2012年2月11日全国ロードショーされることが決定いたしました。
 
映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』は、2009年に発売されるやいなや全世界で600万本以上(PS3/Xbox360/PC合計)を売り上げると共に、
海外ではメジャーゲームアワードで“Game of the Year”を含む50部門で最高ランクを受賞したゲーム『Dragon Age:Origins』の世界観を完全映画化した作品です。
さらに、脚本は原作ゲームのシナリオライターであるジェフリー・スコット氏自らが書き上げており、 本編のストーリーが『Dragon Age』シリーズの第2作となる最新作ゲーム『Doragon AgeⅡ』(発売日未定/PS3/Xbox360)の前章となっているなど、
映画とゲームの世界観が融合した壮大な物語となっており、
映画とゲームのストーリーがどのように繋がっていくのかもファンにとっては見逃せないポイントとなっております。

また、原作ゲームの販売元であるエレクトロニック・アーツ社から直々に指名を受け、
メガホンをとるのは、日本のCGクリエーターの先駆者で映画『ピンポン』『ベクシル 2077日本鎖国』『あしたのジョー』などを手掛けた曽利文彦監督。
そして制作陣には、3DCG制作にも定評のあるOXYBOTを迎え、10分に1回描かれるハイスピード・バトル、ゲームをも凌駕する血と血で紡ぐダーク・ファンタジーの衝撃は、3DCGライブアニメの歴史を塗りかえます。

全世界を圧倒する日本発の最先端CG技術を駆使したファンタジー大作映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』にぜひご期待ください。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48760

執筆者

Yasuhiro Togawa