広島発!痛快世直しエンタテイメント映画『サルベージ・マイス』。オール広島ロケ、観光名所10箇所以上で撮影を行い、広島から世界に発信していく全く新たな日本映画として製作された。先日、発表された本作主題歌のももいろクローバーZが歌う「BIONIC CHERRY」を使用したTVスポットが遂に解禁となった。「サルベージ・マイス」という新たなニューヒロインを演じるのは、若手演技派女優・谷村美月。本スポット内では、怪盗姿でアクション初挑戦とは思えない華麗な動きが披露されているところも見所だ。また、15歳にして空手歴10年という美少女空手家、長野じゅりあ演じる女子高生・美緒の迫力あるアクションシーンも満載。広島が舞台ということで、広島の魅力的な姿も随所に散りばめられている。そこに、ももいろクローバーZの新曲「BIONIC CHERRY」の音源が見事にマッチしている。ももクロらしいアップテンポの曲調に2人のアクションが合わさり、観ているこちらは元気をもらえそうな痛快な作品となっている。
本作『サルベージ・マイス』は正義の怪盗“サルベージ・マイス”が広島を舞台に縦横無尽に走り回り、高価な美術品ばかりを狙う窃盗グループと戦う痛快世直しエンタテイメント作品。主演はアクション初挑戦となる若手実力派女優・谷村美月が務める。メガホンを取るのは、『平成仮面ライダー』シリーズなど特撮映画を数多く手掛ける田?竜太監督。そして、かつて『少林サッカー』『マッハ!!』などを買い付け、遂には自らの手で作り出すようになったジャパニーズリアルアクション映画の先駆者、西冬彦がプロデューサー兼アクション監督を務めている。
主題歌「BIONIC CHERRY」は11月23日に発売になるももいろクローバーZのニューシングル(通常盤)に収録される。広島ではすでに話題となっている本作、今後とも、『サルベージ・マイス』から目が離せない!!

映画『サルベージ・マイス』は10月22日(土)より、広島バルト11、T・ジョイ東広島ほか広島先行ロードショー

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49386

執筆者

Yasuhiro Togawa