7月に開催された「ルチオ・フルチ映画祭2011」(シネマート新宿)が大盛況だったのを受け、エスピーオーとニューラインによる傑作ホラー・コレクション・シリーズ“ホラー・マニアックス”タイトルの劇場上映企画が再び開催される。
 場所は老舗の名画座として映画ファンにはお馴染みの池袋・新文芸坐。毎週凝りに凝ったオールナイト上映が開催される中、10月8日には<ホラー・マニアックス presents>と銘打って、劇場初上映作品も含む、ホラー・ファン垂涎のレアな4作が一挙に上映される。

 上映前にはホラー映画通の作家・ミュージシャンの中原昌也さん、「イタリアンホラーの密かな愉しみ」の著者で、この分野の第一人者である映画ライターの山崎圭司さんを迎えてのトークショーも開催される。聞き手は、別冊映画秘宝編集長として「ゾンビ映画大辞典」等、意欲的なムックを次々と送り出している田野邊尚人さん。強力トリオがイタリアン・ホラーの魅力を余すところなく語り尽くす!

 新文芸坐では、この上映を皮切りにホラー映画のオールナイト上映企画をこれからも展開していく予定とのこと。当日は、ホラー・マニアックス・シリーズのDVD販売やテロ・ファクトリーとのコラボレーションによるオリジナル・ホラー映画Tシャツも販売される。秋の夜長に濃いぃ一夜が体験出来そうだ。

2011年10月8日(土)22:15開場 22:30開演  終映 翌6:05予定

【トークショー】
中原昌也さん(作家・ミュージシャン)
山崎圭司さん(映画ライター)
聞き手:田野邊尚人さん(「別冊映画秘宝」編集長)

【上映作品】
血みどろの入江(1971・伊)【国内初上映・HDリマスター版】監督:マリオ・バーヴァ
悪魔の墓場(1974・伊=スペイン)【HDリマスター版】監督:ジョージ・グロウ
影なき淫獣(1973・伊)【初の「完全版」上映】監督:セルジオ・マルティーノ
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(1980・伊=スペイン)【国内初上映】監督:ヴィンセント・ドーン

※全作デジタル上映
※終夜興行のため18歳未満の方のご入場はお断りします。

入場料金:一般2,200円、前売・友の会2,000円 全席自由
前売券(整理番号つき)はチケットぴあでも購入可能です(Pコード:597-069)
※友の会の方は劇場でお買い求めください。

新文芸坐
池袋駅東口徒歩3分
東京都豊島区東池袋1-43-5マルハン池袋ビル3F
電話 03(3971)9422
http://www.shin-bungeiza.com/index.html

ホラー・マニアックス公式サイト
http://www.cinemart.co.jp/horrormaniacs/
http://twitter.com/horror_maniacs

執筆者

Yasuhiro Togawa