日本文学は古来より女性抜きでは語ることはできません。今回は映画化された女流文学作品を、平安時代の紫式部をトップ・バッターに、十九世紀生まれの樋口一葉、野上彌生子から、戦後生まれの太田治子まで、十八人の作家の中から選んだ三十三本を上映します。女流作家が奏でた文芸映画の数々をお楽しみください。

開催期間=2011年8月27日(土) 9月30日(金)

日本映画★女流文学全集上映リスト
1. 『源氏物語』 (監督:吉村公三郎 原作:紫式部 昭和26年 白黒)  *16mmで上映
2. 『樋口一葉』 (監督:並木鏡太郎 昭和14年 白黒)
3. 『にごりえ』 (監督:今井正 原作:樋口一葉 昭和28年 白黒)
4. 『綴方教室』 (監督:山本嘉次郎 原作:豊田正子 昭和13年 白黒)
5. 『花つみ日記』 (監督:石田民三 原作:吉屋信子 昭和14年 白黒)
6. 『婉という女』  (監督:今井正 原作:大原富枝 昭和46年 カラー)
7. 『二十一歳の父』 (監督:中村登 原作:曽野綾子 昭和39年 カラー)
8. 『二十四の瞳』 (監督:木下恵介 原作:壷井栄 昭和29年 白黒)
9. 『月夜の傘』 (監督:久松静児 原作:壷井栄 昭和30年 白黒)  *16mmで上映
10. 『明日ある限り』 (監督:豊田四郎 原作:壷井栄 昭和37年 白黒)
11. 『早乙女家の娘たち』 (監督:久松静児 原作:壷井栄 昭和37年 白黒)
12. 『美しい庵主さん』 (監督:西河克己 原作:有吉佐和子 昭和33年 白黒)
13. 『閉店時間』 (監督:井上梅次 原作:有吉佐和子 昭和37年 カラー)
14. 『不信のとき』 (監督:今井正 原作:有吉佐和子 昭和43年 カラー)
15. 『母と子』 (監督:渋谷実 原作:矢田津世子 昭和13年 白黒)  *16mmで上映
16. 『流れる』 (監督:成瀬巳喜男 原作:幸田文 昭和31年 白黒)
17. 『おとうと』 (監督:市川崑 原作:幸田文 昭和35年 カラー)
18. 『眞知子より 花ひらく』 (監督:市川崑 原作:野上弥生子 昭和23年 白黒)
19. 『利休』 (監督:勅使河原宏 原作:野上弥生子 平成元年 カラー)
20. 『愛情の系譜』 (監督: 五所平之助 原作:円地文子 昭和36年 カラー)
21. 『女舞』 (監督:大庭秀雄 原作:円地文子 昭和36年 カラー)
22. 『泣蟲小僧』 (監督:豊田四郎 原作:林芙美子 昭和13年 白黒)
23. 『めし』 (監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 昭和26年 白黒)
24. 『稲妻』 (監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 昭和27年 白黒)  *16mmで上映
25. 『妻』 (監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 昭和28年 白黒)
26. 『浮雲』 (監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 昭和30年 白黒)
27. 『放浪記』 (監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 昭和37年 白黒)
28. 『挽歌』 (監督:五所平之助 原作:原田康子 昭和32年 白黒)  *16mmで上映
29. 『女中ッ子』 (監督:田坂具隆 原作:由起しげ子 昭和30年 白黒)  *16mmで上映
30. 『赤坂の姉妹より 夜の肌』 (監督:川島雄三 原作:由起しげ子 昭和35年 カラー)
31. 『赤線地帯』 (監督:溝口健二 原作:芝木好子 昭和31年 白黒)
32. 『女系家族』 (監督:三隅研次 原作:山崎豊子 昭和38年 カラー)
33. 『斜陽のおもかげ』 (監督:斎藤光正 原作:太田治子 昭和42年 カラー)

神保町シアター
(千代田区神田神保町1-23 TEL:03-5281-5132  http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/

執筆者

Yasuhiro Togawa