銀座シネパトス(銀座唯一の名画邦画専門館)で8月27日(土)〜9月16日(金)特集上映!
走り続けるスーパースター沢田研二の主演映画特集。ザ・タイガース解散から40年。GSブーム後も艶やかで色気のある歌声、常に新しいパフォーマンスでエネルギッシュに活躍を続けるエンターティナー、ジュリー。  今年9月からは、瞳みのる、森本太郎、岸部一徳を迎えてのライブツアーがスタートする。ファンを魅了し続けるアーティストジュリーのもう一つの魅力が演技者としての沢田研二。これまで名立たる映像作家たちが、その時代を自在に躍動する男・沢田研二の魅力をスクリーンに焼きつけてきた。どの作品もが素晴らしい、ロイヤル・ストレート・フラッシュな作品群で、俳優・沢田研二の魅力を堪能していただきたい。

上映ラインナップ(2本立て)

8/27(土)〜8/30(火)
ザ・タイガース世界は僕らを待っている(1968年/東宝/カラー/88分)ザ・タイガース華やかなる招待(1968年/東宝/カラー/88分)

8/31(水)〜9/3(土)
ザ・タイガース ハーイ!ロンドン(1969年/東宝/カラー/86分)パリの哀愁(1976年/東宝/カラー/96分)

9/4(日)〜9/7(水)
ときめきに死す(1984年/アルゴ/(C)羽田ハウジング/カラー/105分)カポネ大いに泣く(1985年/GEプロ/カラー/130分)

9/8(木)〜9/11(日)
夢二(1991年/リトルモア/カラー/128分)リボルバー(1988年/日活/カラー/115分)

9/12(月)〜9/16(金)
男はつらいよ花も嵐も寅次郎(1982年/松竹/カラー/106分)大阪物語 (1999年/テアトル/カラー/120分)

イブニング&レイトショー(1作品の上映)

8/27(土)〜9/2(金)
太陽を盗んだ男(1979年/東宝/カラー/147分)

9/3(土)〜9/7(水) 
炎の肖像(1974年/日活/カラー/94分)

9/8(木)〜9/11(日)
ヒルコ/妖怪ハンター(1991年/マコトヤ/カラー/90分)

9/12(月)〜9/16(金)
魔界転生(1981年/東映/カラー/122分)

執筆者

Yasuhiro Togawa