この度、映画『スマグラー おまえの未来を運べ』が、9月8日(木)から開催される第36回トロント国際映画祭に正式出品が決定した! 今回は、多くの人々を熱狂させる個性的な作品が上映される「Midnight Madness部門」への出品となる。 石井監督自身はトロント国際映画祭の出品は『鮫肌男と桃尻女』(99)以来となる。
昨年のモントリオール国際映画祭に出品された「悪人」に続き、今年もまた妻夫木聡の主演作「スマグラー おまえの未来を運べ」が国際映画祭に正式出品となる。 「悪人」で世界的に高い評価を受けた妻夫木なだけに、本作品の上映で、また一つ国際派俳優としても扉を開くことになりそうだ!!
本作品に出演している満島ひかりは、本年度のカンヌ国際映画祭に「一命」、次いでヴェネチア国際映画祭に「ラビット・ホラー 3D」、そしてトロント国際映画祭に本作が選ばれるなど、同年に出演3作品が世界4大映画祭に出品。また安藤政信の出演の台湾映画『賽徳克・巴莱(セデック・バレ)』がヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門の出品が決定するなど快挙が続いている。そして、満を持して、トロント国際映画祭で『スマグラー おまえの未来を運べ』の上映が決定!!アカデミー賞前哨戦といわれる映画祭での出品に本作の期待が高まる。
世界で高い評価を受ける石井監督、そして俳優陣が集結した本作品が、トロント国際映画祭で、遂に幕を開ける!!

≪石井克人監督コメント≫ 『鮫肌男と桃尻女』で招待され、トロントに遊びに行った時がとても印象的でした。
映画祭のスタッフも皆さんリラックスしながら映画祭を楽しんでいてイカしてました(笑)。またご招待していただきとても感謝しています。トロント国際映画祭の皆様ありがとうございます。
トロント国際映画祭の皆様ありがとうございます。

≪主演・妻夫木聡コメント≫ 
 トロント国際映画祭出品おめでとうございます。
今は一ファンとして、石井監督のアイデンティティが日本だけでなく世界でも爆発することを期待しています。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48920

執筆者

Yasuhiro Togawa