東日本大震災後に噴出した、政治への不信感、
日本経済の先行きに対する不安、報道のあり方に対する疑問…。
今こそ、社会に出る前の私たち学生が世の中の矛盾を見抜き、
批判眼を養うことが必要なのではないでしょうか。
また、大相撲の八百長問題など身近な話題を扱うことで、
今まで経済学に馴染みのなかった学生にも経済学に興味をもってほしい、
そんな願いを込めたイベントです。
身近な問題をインセンティブといった簡単な経済学と計量技法で分析した
映画「ヤバい経済学」は経済学の面白さを伝えてくれます。
講演会では、映画のポイントや最近の経済学の動向、
そして経済学とジャーナリズムの面白くも難しい関係について考えます。

【日時】 7月22日(金)
16:40 開場
映画『ヤバい経済学』の上映
田中教授×若田部教授による講演会、質疑応答
(映画のポイント解説、最近面白くなっている経済学、経済学者のジャーナリズムとの関わりの意義と難しさ)
19:30 終了予定

【会場】 早稲田大学 早稲田キャンパス 8号館 308教室
【入場料】 無料
【参加資格】 どなたでもご参加いただけます。 ●事前参加登録フォームURL: http://goo.gl/5QwqS
【講演会ゲスト】 田中秀臣(上武大学教授)・若田部昌澄(早稲田大学教授)
—————————————–

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49245

執筆者

Yasuhiro Togawa