この夏注目の衝撃と感動のSF超大作『SUPER 8/スーパーエイト』(パラマウント ピクチャーズ配給、全米公開6月10日)が、6月24日に公開。公開3週で、動員100万人超え、興収12.5億円を記録し週末の興行ランキングにおいて動員数、3週連続の首位をキープしております。

【TOPICS1】V3達成! 興収ランキング動員数において3週連続、第1位!!

今年公開された洋画で、パイレーツ、ナルニアに次ぐ、第3位のオープニング興行成績を記録し、公開後3週間連続、動員1位となり、動員数100万人を突破しました。
 
[6/24?7/10の17日間計] 観客動員数1,007,153人/興行収入1,251,705,900円(全国517スクリーン)

【TOPICS2】2011年下半期、興収ランキングは、洋画が占有!

 2011年開始は、『相棒』の1位のスタートで始まり、相棒2週連続、ソーシャルネットワークの2週連続、ガンツが4週、ナルニア1週1位にランキング後、ドラえもん1週ー>SP3週?>仮面ライダーー>コナン2週>ガンツ1週>コナン1週>岳1週と、2011年上半期は、10週連続邦画にランキング1位を占有されていたが、ブラックスワン1週>パイレーツ5週>スーパーエイト3週>のち、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(7/15公開)、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(7/29公開)の公開を控え、洋画が10週以上1位を占有することは確実。
スーパーエイトの大健闘で、邦画作品に譲ることなく洋画で首位独占、洋画復興の兆しが!!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49032

執筆者

Yasuhiro Togawa