原作は「週刊少年ジャンプ」で連載中の大ヒットコミック。人気エピソード“波の国編”26話を順次配信!

GyaO! http://gyao.yahoo.co.jp/
GyaO! アニメ http://gyao.yahoo.co.jp/ct/anime/
特集ページ http://gyao.yahoo.co.jp/special/naruto/
コンテンツURL  http://gyao.yahoo.co.jp/p/00173/v12002/

ヤフー株式会社と株式会社GyaOが協力して運営する無料映像配信サイト「GyaO! Presented by Yahoo! JAPAN」では、7月30日(土)に『劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン』が公開されるのを記念して、6月24日(金)よりテレビシリーズ『NARUTO‐ナルト‐』より“波の国編”26話の配信を開始いたしました。
『劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン』の予告映像や、特報映像も併せて配信いたします。

忍の里・木ノ葉隠れの里の少年・うずまきナルトは忍者学校(アカデミー)の超問題児。
毎日いたずらばかりして、イルカ先生に怒られている。その上、学校では落ちこぼれで卒業もおぼつかない。
だがナルトには、里の忍の長(おさ)・火影(ほかげ)の名をついで、里一番の忍者になるという夢があった。

しかし、そんなナルトを見る里の大人たちの視線は冷たい。
実はナルトには出生の秘密があった。
12年前に里を苦しめた「九尾の妖狐(きゅうびのようこ)」が、当時赤子だったナルトの身に封印されていたのだ。

学校の教官・ミズキに利用されて、火影のもとから「封印の書」を盗み出したナルトは、再び現れたミズキにそのことを知らされ、がく然とする。
イルカの助けもあって、ナルトは間一髪ミズキを倒す。
ナルトの秘密を知りながらも、イルカがナルトのよき理解者であったことを悟り、ナルトは決意を新たにするのだった。

無事忍者学校の卒業を許されたナルトは、同じ生徒のうちはサスケ、春野サクラとともに、忍者としての第一歩を踏み出す!

<劇場公開情報>
『劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン』
2011年7月30日(土)全国東宝系にてロードショー

<スタッフ>
原作:岸本斉史(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:伊達勇登
シリーズ構成:隅沢克之
キャラクターデザイン:西尾鉄也/鈴木博文
美術:高田茂祝
音楽:六三四プロジェクト/増田俊郎
アニメーション制作:studioぴえろ

<キャスト>
うずまきナルト:竹内順子
うちはサスケ:杉山紀彰
春野サクラ:中村千絵
うみのイルカ:関 俊彦
ミズキ:三木眞一郎
三代目火影・猿飛:柴田秀勝

=====================================
「NARUTO‐ナルト‐」“波の国編”

◆配信期間 2011年6月24日(金)〜20101年8月31日(水)
=====================================

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49059

執筆者

Yasuhiro Togawa