全米では公開11日目で、1億ドルを突破!!
海外でも11カ国で公開されるや、10カ国で初登場1位!その内の7カ国で過去最高のオープニング記録を樹立!!
中国では2日で、1億人民元を記録!韓国では、アニメーション歴代記録を樹立!!
3Dの限界を超えた超高速カンフー・アクションと共に、<家族の絆>というパンダスティックな感動が世界を席巻!!

 パラマウント ピクチャーズ配給の8月19日(金)全国公開の3D映画「カンフー・パンダ2」。日本に先んじて公開された世界各国で大ヒットを記録しております。その、アチョ—!で、パンダスティックな世界中の大ヒット現象。

——————————————————————————————
【アメリカ】 
公開11日間で”1億ドル”突破!!

 惜しくも初登場2位ながらも、なんと11日間で1億ドル突破!!!
 あのアカデミー賞受賞の『シュレック』であっても、1位スタートでありながら1億ドル超えには13日間を要した!
 そして今年、アニー賞で10部門に輝いた『ヒックとドラゴン』も1週目と返り咲き5週目で1位を獲得する快挙も、1億ドル突破が12日間を要した!! 現在”超高速”大ヒット中!!

——————————————————————————————
【中国】
大ヒットで、公開差し止め運動?!など社会現象続々!

 中国の土曜日(オープニング)集計は、先週末『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』があげた成績を、驚きの50%上回り、外国映画による史上最高オープニングNo.1記録となった。週末2日間の合計である1,600万ドルにより、本作は週末オープニング2日間の最高成績とオープニングの最高成績を樹立、1億人民元を最短(2日間)で超えた映画となった。
 あまりの大ヒットに、『アメリカの文化侵略だ!』と公開差し止めを求める運動が起きたり、ウサギが、カンフーで悪者パンダをやっつける映画の製作が発表されるなど、”アチョ—イ!”社会現象が続々と起きている!!

——————————————————————————————
【ロシア】
第一位発進!そして、アニメーション映画としては歴代3位の成績を記録!!

 ロシアの総興行収入(1,500万ドル)は、前作『カンフー・パンダ』のオープニング成績を70%、『ヒックとドラゴン』を90%上回り、『シュレック フォーエバー』と『アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの』に次ぎ、ロシア市場のアニメ映画として3番目に高いオープニングNo.1成績を記録した。

——————————————————————————————
【韓国】
今年度最高のオープニング成績を記録!アニメーション映画としては歴代1位に!!

 今年度最高のオープニング成績およびアニメーション映画として史上最高のオープニング成績をあげ、『カンフー・パンダ』のオープニング成績を60%、『シュレック フォーエバー』を106%、『ヒックとドラゴン』を88%上回りNo.1。

——————————————————————————————
各国でも記録が続々!!

【シンガポール】アニメーション映画として史上最高のオープニング記録となり、第1位の座を獲得
【フィリピン】アニメーション映画として史上最高のオープニング成績をあげナンバーワンにランクイン
【タイ】第1位にランクイン、アニメーション映画として史上最高の1日の成績(土曜)および、 アニメーション映画として史上最高のオープニング成績を記録
【インド】No.1発進!!
【ウクライナ】No.1発進!!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49034

執筆者

Yasuhiro Togawa