米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル& アジア(SSFF & ASIA)」が、国土交通省観光庁とともに日本の観光振興を目指す「旅シヨーット! プロジェクト」というコンペティション部門の公式審査員に、セインカミュ氏、菊川怜氏、中島信也氏が決定しました。

世界各国で暮らされた経験を持つセインカミュ氏、日本モンゴル親善大使を務め、観光庁アドバイザーにも任命されている菊川怜氏、また、CMディレクター・映画監督として数々の映像を制作されてきた中島信也氏、というバラエティに富む著名人が揃いました。
本プロジェクトでは「旅っていいな」、「旅がしたくなった」、「日本に行きたくなるね」をキーワードに、「日本の旅」、「日本の魅力」を描写する作品を募集。2010年には、北は北海道から南は沖縄まで、旅の魅力や日本各地の素晴らしい観光資源を紹介した総数71本の作品が集まり、入選作9本が決定しました。そして今年も全国から86本の作品が公募で集まり、7作品が入選しています。公式審査員によって選ばれる優秀賞(国土交通大臣賞)にはショートショート実行委員会より賞金として60 万円が贈られます。

「旅シヨーット! プロジェクト」では、引き続き、日本が持つ魅力ある観光資源を映像コンテンツとして表現し、訴えてく取組を行っていきます。

■旅シヨーット!プロジェクト公式審査員プロフィール※敬称略・五十音順

▲セインカミュ(タレント・俳優)
1970年ニューヨーク州生まれ、フランス系アメリカ人。
両親の仕事関係で、幼少期から日本をはじめとした世界各国で暮らした経験を持つ。
ニューヨークの大学で演劇と芸術論を学んだのち、日本に帰国、タレント・俳優活動を開始。
以後テレビ、雑誌、CMなどで活躍。09年より『現代狂言』(座長・南原清隆)に挑戦。
また、2男1女の父親でもある自身のイクメン修行を綴った著書『ザ・イクメン』を三省堂出版より発売。
大叔父に「異邦人」でノーベル文学賞受賞作家アルベールカミュを持つ。

▲菊川怜(女優)
1978年、埼玉県出身。東京大学工学部建築学科卒業。
1999年に東レキャンペーンガールに選ばれ注目を集める。
その後数々のドラマ、映画、バラエティ番組などで活躍。
2001年にハリウッド映画『DOUBLE DECEPTION』で主演を務めハリウッドデビューを飾る。
2007年にはチンギス・ハーンの生涯を描いた映画『蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜』で
ヒロインを演じたのがきっかけで、
日本・モンゴルの国交樹立35周年を記念した「日本モンゴル親善大使」に起用される。
2010年には香川県の瀬戸内海に浮かぶ女木島・男木島が舞台となった
映画『めおん「恋愛離婚」』の主演を務め、観光庁アドバイザーに任命されるなど、幅広く活躍している。

▲中島信也(映画監督)
1959年福岡生まれ大阪育ち。CMディレクター/東北新社専務取締役。
東北新社グループの技術力をフルに使いエンタテインメント性の高い映像を多数制作。
代表作に日清カップヌードル「hungry?」(カンヌ広告祭グランプリ)、
「燃焼系アミノ式」(ACCグランプリ)、「伊右衛門」(ADCグランプリ)などがある。
近作はNTTドコモ「渡辺謙」、ファイザー「舘ひろし」など。「矢島美容室」は劇場用監督二作目。

■ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2011開催概要

会場:表参道ヒルズスペースオー(東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ本館地下3F)
日程:2011年6月16日(木)〜19日(日)
会場:ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿6F)
日程:2011年6月22日(水)〜26日(日)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ(オールナイト上映)(東京都港区六本木6-10-2けやき坂コンプレックス)
日程:2011年6月17日(金)・18日(土)
会場:シネマート新宿(3D部門上映)(東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル6・7F)
日程:2011年6月17日(金)〜24日(金)
会場:ブリリアショートショートシアター(横浜開催)(横浜市西区みなとみらい5-3-1フィルミー2F)
日程:2011年6月18日(土)〜26日(日)

※映画祭オフィシャルHP(http://www.shortshorts.org/2011/
※オープニングイベントは6月16日(木)、アワードセレモニーは6月26日(日)に行われます。
ショートショートフィルムフェスティバル&アジアについて

執筆者

Yasuhiro Togawa