WOWOWのオリジナルドラマ制作プロジェクト「ドラマW」として放送され、反響の大きかった、宮部みゆき長編デビュー作の映像化「パーフェクト・ブルー」が9月18日(土)よりソニー・ピクチャーズ、角川シネプレックス両社の協力を得て、劇場にて特別上映を決定!

ベストセラー作家・宮部みゆきの長編デビュー作、待望の映像化!

 直木賞受賞作の「理由」をはじめ、「模倣犯」「火車」「楽園」など、幅広いジャンルで数々の傑作・ベストセラー作品を上梓してきた日本を代表する小説家・宮部みゆき。これまで「理由」「長い長い殺人」と好評を博してきた     「宮部みゆき ×WOWOW」のコラボレーション第三弾は、彼女の衝撃の長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」。
 主演は愛くるしい笑顔と独特の存在感で映画、ドラマに大活躍の加藤ローサ。彼女とフレッシュなコンビを組むのは「Q.E.D.証明終了」でも好演するなど若手実力派の呼び声も高い中村蒼。この二人のコンビを、石黒賢、宅麻伸などのベテランの俳優陣が支える重厚感のある布陣。
 監督は「あしたの、喜多善男」(第25回ATP賞テレビグランプリ2008ドラマ部門最優秀賞)等でスタイリッシュな映像に定評のある下山天。「長い長い殺人」同様、複数の章で構成された緻密な群像劇はまさに宮部ワールド。観る者を捕らえて離さない極上の社会派ヒューマンミステリーをお見逃しなく。

9月18日(土)より角川シネマ新宿、シネプレックス系にて限定ロードショー

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48688

執筆者

Yasuhiro Togawa