押井守監督の最新作『アサルトガールズ』の公開が決定致しました!『GHOST IN THE SHELL—攻殻機動隊—』などで世界に名を馳せる鬼才・押井守監督が、8年ぶりに長編実写映画に挑みました!
本作は、活躍が目覚ましい3人の実力派女優、黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子が豪華競演する話題作! アサルトライフルを手に、砂漠の戦場で、女ハンターたちが巨大モンスター<スナクジラ>と対決する。今までの邦画にはない、世界を圧倒するSFエンターテイメント大作が誕生!

STORY 
熱核戦争後の荒廃した地表を模した、砂漠の戦場。アサルトライフルほかパワフルな銃器を手にフィールドを駆ける、3人の美しき女ハンターたち。巨大モンスター<スナクジラ>の群れが地を這い、強襲揚陸艦が宇宙を飛び、アサルトライフルのマズルフラッシュが光る。
激しい戦闘の末に、突然変異の超大物<マダラスナクジラ>を仕留めるのは、はたして誰か──!?
 INTRODUCTION 
『GHOST IN THE SHELL—攻殻機動隊—』『イノセンス』『スカイ・クロラThe Sky Crawlers』などで世界的に知られる鬼才・押井守監督が、『Avalon(アヴァロン)』(01年)以来、実に8年ぶりに挑む長編実写映画。虚実の入り交じった独自の世界観で観客を魅了してきた押井監督が、ユニークなストーリー、ハイクオリティなヴィジュアル、活目のVFXバトルアクションをまじえ、まったく新しいタイプのSFエンターテイメント映画に挑戦。
キャストには、最近は映画『クローズZEROⅡ』・CX系「任侠ヘルパー」に出演し、歌手としても注目され目覚ましい活躍をみせる黒木メイサ!そして、今年のカンヌ招待作『Map of the sounds of Tokyo』(原題)・『ノルウェイの森』と国際的な活躍を続ける菊地凛子!さらに、映画から舞台まで幅広く活躍する佐伯日菜子という3人の実力派女優が集結した、この冬いちばんの注目作!

【出演】黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子、藤木義勝
【監督・脚本】押井守 【音楽】川井憲次 【音響監督】若林和弘 【編集・VFX】佐藤敦紀
【撮影】湯浅弘章 【照明】関輝久 【美術】黒川通利 【衣裳デザイン】竹田団吾 【武術指導】今野敏
【制作】デイズ
【製作】ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
【配給】東京テアトル
2009年/日本/カラー/ビスタサイズ/35mm

12月19日(土)よりテアトル新宿、池袋テアトルダイヤほか全国順次ロードショー

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=47803

執筆者

Yasuhiro TogawaYasuhiro Togawa