ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008<招待部門>に正式出品された映画『アフタースクール』が、ついに11月28日にDVD発売&レンタル開始となります!
北海道の大スター・大泉洋が主演の本作は、ゆうばり映画祭でも大絶賛!! ゆうばり映画祭に行けなかったという方も、DVDの特典映像には本映画祭舞台挨拶の模様がしっかりと収録されていますので、要チェック!!

*******************
大泉洋!佐々木蔵之介!堺雅人!
人気・実力を兼ね揃えた魅力のキャスト陣!!
*******************

『アフタースクール』の登場人物たちは物語が進むにつれ、観客への印象をどんどん変えていく。そんな難しい要求もなんなくこなす実力と、人気を兼ね揃えたキャストが集結した。教師・神野役に、「水曜どうでしょう」等のバラエティ番組に加え、数々の映画・ドラマ出演で今や人気俳優としての地位を確立した大泉洋。他人を全く信用しない探偵・北沢役に、卓越した演技力で様々な役柄に挑戦する佐々木蔵之介。二枚目エリートサラリーマン役に、舞台だけにとどまらず活躍の場を広げ、大河ドラマ「篤姫」で大ブレイクの堺雅人。そして、中学時代のマドンナに常盤貴子、事件の鍵を握る謎の女に田畑智子。本作を観る前・観た後と二度納得できる、まさに奇跡的なキャスティングが実現した!

****************
「運命じゃない人」でカンヌ4冠を獲得した、
内田けんじ監督が描く最新作!
****************

“日本一のいい人”宮田の周りで起きた大金を巡る一晩のドタバタ劇を、時間軸を前後させ、それぞれの視点で見せた劇場用長編デビュー作『運命じゃない人』が、2005年カンヌ映画祭・批評家週間にて4賞を受賞した内田けんじ監督。本作では、監督ならではの細部まで練りこまれた脚本・抜群の構成力で、社会に出てそれぞれ違う世界を持ってしまった3人の同級生が、その微妙な関係性から巻き起こす、仕掛けたっぷり、驚きの展開を描いた。緻密で先の読めない展開に劇場は大ヒット!興行収入6億円、観客動員数35万人を突破!リピーターも続出し満足度の高い作品に仕上がった。

********************
ネタバレ、ついに解禁!特典映像満載のDISC2枚組!
********************

公開前はネタバレ厳禁のため封印していた秘蔵メイキング映像が、ついに解禁!
ほかにキャスト・スタッフインタビューや舞台挨拶など豪華特典映像を収録!

—————————————
タイトル:アフタースクール【本編DISC+特典DISC 2枚組】
発売日:2008年11月28日(金) ※レンタル同時開始
品番:ZMBJ-4327
価格:4,935円(本体4,700円+税5%)
≪商品仕様≫
◆仕様:片面1層
◆画面サイズ:ビスタ
◆言語:日本語
◆音声:ドルビーデジタル5.1ch(本編)※大泉洋×内田監督によるオーディオコメンタリー収録!!
◆字幕:なし
◆色:カラー
◆収録分数:本編102分+特典映像120分(予定)
◇製作年/国:2007年/日本
◇発売元:クロックワークス、アミューズ
◇販売元:メディアファクトリー
◇版権表記:©2008『アフタースクール』製作委員会

★特典映像満載のDISC2枚組★
①豪華デジパック仕様
②特典DISC(収録分数120分予定)
【特典DISC内容】
①ネタばれメイキング
②キャスト・監督インタビュー
〜完成披露試写舞台挨拶にて〜
③テレビスポット集
④劇場用幕間映像
⑤中高生・学生服限定☆放課後試写会映像
〜神野先生(大泉洋)ホームルーム付き〜
⑥ゆうばり映画祭舞台挨拶
⑦初日舞台挨拶
※仕様は予定

【メインキャスト】
大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子
【メインスタッフ】
◆脚本・監督:内田けんじ ◆撮影:柴崎幸三
◆編集:普嶋信一 ◆音楽:羽岡佳
◆主題歌:「あの透明感と少年」/monobright(DefStar Records)
◆製作:クロックワークス/TBS/アミューズ/PARCO/ぴあ/IMAGICA、メディアファクトリー/博報堂DYメディアパートナーズ/Yahoo!Japan

≪DVD発売記念キャンペーン実施!≫
DVD発売を記念して、キャストの直筆サイン入りグッズや豪華賞品が当たる、“大人の放課後(アフタースクール)キャンペーン” “大人の放課後(アフタースクール)キャンペーン”を実施。http://www.houkago-c.net/

≪同日発売≫
内田けんじ監督・長編デビュー作『運命じゃない人』
特別価格2,500円(税込)でエイベックス・エンタテインメントより発売決定!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45899

執筆者

Naomi KannoNaomi KannoNaomi KannoNaomi KannoNaomi Kanno