日本では200万部!!全世界では4000万部突破の大ベストセラー完全映画化!!!

『ダ・ヴィンチ・コード』チームが挑む、歴史を揺るがす新たなタブー。

あれから3年——新たな歴史の謎が暴かれる
全世界的に大ブームを引き起こした映画『ダ・ヴィンチ・コード』。その原作者ダン・ブラウンの大ベストセラー「天使と悪魔」が待望の映画化。本作もトム・ハンクス演じる、ハーヴァード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン教授が、世界中を震撼させる謎に遭遇する。監督は前作と同じくロン・ハワード。『ダ・ヴィンチ・コード』の製作チームが再び集結し、歴史を揺るがすタブーに挑む!
ラングドンは今回、歴史上最も謎に包まれた秘密結社・イルミナティの復活の証拠を発見し、彼らが最大の敵とみなすカトリック教会=ヴァチカンに致命的な脅威が迫っていることを知る。イルミナティの計画が密かに進行していることを突き止めたラングドンはローマに飛び、400年の歴史を持つ古代のシンボル=暗号をたどりながらヴァチカンを救う唯一の手掛りを探っていく。

原作:ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)
監督:ロン・ハワード(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)
脚本:アキヴァ・ゴールズマン(『ダ・ヴィンチ・コード』)、デヴィッド・コープ(『スパイダーマン』)
製作:ブライアン・グレイザー(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)、ジョン・キャリー、ダン・ブラウン
出演:トム・ハンクス(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)、ユアン・マクレガー(『スターウォーズ』シリーズ、『ビッグフィッシュ』)
アイェレット・ゾラー(『バンテージ・ポイント』)、ステラン・スカルスガルド(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)

2009年5月15日(金)全世界同時公開!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45401

執筆者

Naomi Kanno