株式会社メディア総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉野 眞弘、以下 メディア総研)が運営するオンライン国際短編映画際「CON-CANムービー・フェスティバル」で、デジタルカメラで撮影した写真を使って誰でも簡単にショート・ムービーが作成できるプログラムが9月12日(金)よりスタートします。ホームページ上( http://jp.con-can.com/ )で広く作品を募集し、入賞者にはオリンパスの製品を贈呈するコンテストを開催いたします。

今回のコンテストは、俳優の真田広之さんや女優の宮崎あおいさんが出演するオリンパスの企業広告「ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ、オリンパス( http://www.olympus.co.jp/ningennozenbu/ )」のテレビCMで使用されている音楽と、コンテスト応募者が投稿する「写真」と「テロップ」を組み合わせ、応募者のオリジナル版「ココロとカラダ」ストーリーとしてショート・ムービー作品を募集するものです。

デジタルカメラで撮影した思い出深い写真を、簡単なステップにしたがってウェブサイトにアップするだけで、オリジナル・ショート・ムービーが出来上がります。1人で複数作品の応募も可能です。寄せられた作品はCON-CANのウェブサイトで公開します。審査の結果、クリエティビティに富んだ優秀な作品を入賞作として選出し、入賞者の皆様を11月17日(月)に都内で開催予定の『CON-CANムービー・フェスティバル授賞式』に招待します。
たくさんの魅力的な作品をお待ちしています。

【応募要項】
応募期間  :9月12日(金)から10月31日(金)まで
賞品    :<グランプリ>
       オリンパス デジタル一眼レフカメラ (OLYMPUS E-SYSTEM E-520)
       <オリンパス賞>
       オリンパス コンパクトデジタルカメラ (μ1030SW)
       <ココロとカラダ賞>
       オリンパス ICレコーダー (VoiceTrek DS-60)
       <CON-CAN賞>
       オリンパス 双眼鏡 (8-16×25 ZOOM PC I)
入賞作品発表:11月上旬 CON-CANウェブサイトにて発表
授賞式   :11月17日(月) 都内にて開催
主催    :CON-CANメディア・プラザ事務局
協賛    :オリンパス株式会社

                                 以上

【CON-CANムービー・フェスティバルについて】
オンライン国際短編映画祭として、2005年から開催。現在開催中の第5回CON-CANムービー・フェスティバルには、50を超える国から600近い作品が寄せられています。国際審査員による選考を経てグランプリ1作品、準グランプリである魂賞2作品を決定。11月に開催の授賞式で受賞作を発表します。
ウェブサイト( http://jp.con-can.com/ )でノミネートされた80作品(字幕付)を無料でご覧いただけます。

執筆者

Yasuhiro Togawa