概要

俳優の別所哲也氏を実行委員長に「アメリカン・ショートショートフィルムフェスティバル」が産声をあげたのは1999年。日本で初めて本格的な短編映画をフィーチャーした映画祭として、2002年に「Short Shorts Film Festival?ショートショートフィルムフェスティバル(」と名前を改め、2004年には、ついにその功績が認められて、米国アカデミー賞公認映画祭となりました。日本発、アカデミー賞へ繋がる短編映画として、世界中の若きクリエイター達を応援してきました。
そんな映画祭も今年は10周年。そして、2004年に設立されアジア諸国の優れたショートフィルムを紹介する「ショートショートフィルムフェスティバルアジア」も5周年という節目を迎えます。
短いもので1分、長いものでも25分?当映画祭規定による(という短時間のなかにストーリーが凝縮されるショートフィルム。「どんな有名監督でも、最初の一歩は“Short Film”から」と言われるように世界各国で若きクリエイターたちの夢への第一歩として、その存在を確立しているショートフィルムは、現在世界的に活躍する監督たちからも推奨されています。10周年記念開催となる今年の上映ラインナップにも節目の年に相応しい豪華な作品たちが、国内はもとより世界中から集まりました。

■世界中から集まった約3000本ものショートフィルムの中から選りすぐりの作品を上映!
今年も世界中から約3000本に及ぶ応募作品が届けられました。その中から6月に行われた「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の受賞式で表彰されたグランプリ作品など、賞を獲得した作品を中心に厳選された作品を特別上映します。

■ストップ!温暖化部門新設!全世界から300本以上のエントリー!
今年正式に部門として映画祭に登場するのが、「ストップ!温暖化プログラム」。このプログラムでは温暖化防止の国民運動「チーム・マイナス6%」との連携により、世界各国から寄せられた、“温暖化”に関するショートフィルムを一挙上映します。

このほかにも、米アカデミー賞受賞・ノミネートした作品を集めたアカデミープログラム、2008年ブラジル移民100周年を記念して上映されるブラジルプログラム、大好評だった去年に引き続いてコリアンミュージックプログラムの上映など、様々なプログラムをご用意しました。是非ご期待ください!

■2004年からショートショートフィルムフェスティバルが米国アカデミー賞公認映画祭に認定!
総合的なジャンルを上映するショートフィルムの映画祭としては、本映画祭が日本で初めて、世界的な権威である米国アカデミー賞公認のショートフィルム映画祭として認められたことになります。開催6年目?当時:SSFF 2004(での米国アカデミー賞公認は、異例のスピード認定となります。
つまり・・・・
映画芸術科学アカデミー協会の認定を受け、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアのグランプリ受賞作ならびに、ショートショート実行委員会が推薦する作品は、自動的に映画芸術科学アカデミー協会会員のスクリーニング対象作品となり、アカデミー賞短編部門のノミネート作品に繋がる切符を得ることが出来ました。
いわば、ハリウッドでのメジャーデビューに一歩近づけるということになるのです!

■ 大阪公式WEB ■
http://osaka.eigasai.com/

■ 開催日程 ■
2008年8月19日(火)〜8月24日(日)

■ 開催場所 ■
大阪:梅田HEPホール(HEP FIVE8F/赤い観覧車の下)
《 http://www.hephall.com/ 》

執筆者

Yasuhiro Togawa