■イベント情報■
<監督とゲストによるトーク>※ゲストは都合により変更になる場合があります。
7月 5日(土)出演者・監督による初日舞台挨拶あり 
        ゲスト 吉増剛造さん(詩人・映像作家)
7月 6日(日)ゲスト 新藤風さん(映画監督『転がれ!たま子』)
7月 7日(月)ゲスト 香山リカさん(精神科医)
7月10日(木)ゲスト 大嶋拓さん(映画監督『凍える鏡』)
7月11日(金)ゲスト 成瀬活雄さん(映画監督『不機嫌な果実』/脚本家)
7月12日(土)ゲスト 丹下紘希さん (映像/クリエイティブディレクター)
7月13日(日)ゲスト 大木裕之さん (映像作家)
7月17日(木)ゲスト 井上リサさん (医学史・医学概論研究者)
7月18日(金)ゲスト 萩原朔美さん (映像作家)
7月19日(土)ゲスト かわなかのぶひろさん (映像作家)
7月20日(日)ゲスト 切通理作さん (文化批評)
7月21日(月・祝)ゲスト 原一男さん (映画監督『またの日の千華』)
7月22日(火)ゲスト 港千尋さん (写真家)
7月25日(金)ゲスト 山本政志さん (映画監督『聴かれた女』)
7月26日(土)ゲスト 小田マサノリさん (イルコモンズ)
7月28日(月)ゲスト 上野昴志さん (映画評論家)

<スピンオフ企画 「その後の半身反義」>本編上映後、ショートムービー上映+トーク
協力:HogaHolic http://www.holic-mag.com/hoga/
完成した映画を出演した山岸に見せにいった竹藤。そこでカメラが捉えたものは・・・。映画のあとも人生は続いていく。

vol1:7月15日(火)「吉田裕亮(「HogaHolic」映像クリエイター)が撮る竹藤佳世」
vol2:7月29日(火)「再び、竹藤佳世が撮る山岸達児」

————————————————-
特別鑑賞券(1200円)発売中 
シネマロサ・渋谷アップリンクXにて現代美術家・大浦信行氏によるポスター他特典あり。
■当日料金■ 一般1500円/学生1300円/シニア1000円  
※「竹藤佳世 映像個展」の半券にて割引あり。池袋シネマ・ロサ(03-3986-3713)

————————————————-
<竹藤佳世映像個展 Flower of Life 6月28日(土)より アップリンクXにて16:30より>
6/28(土)-7/11(金)
7/12(土)-7/25(金)
■イベント情報■   
6月28日(土)奥山順市さん(映像作家)奥山作品の上映あり!
      「ストップ・モーション」(95年/10分/16mm)※ビデオ版上映
6月29日(日)小沢和史さん(映像作家・「彼方此方」出演) 
7月 3日(木)短編映像+「自作を語る」vol.1 竹藤佳世
7月 5日(土)小口容子さん (映像作家)
7月 6日(日)柴田剛さん(映画監督)
7月10日(木)短編映像+「自作を語る」vol.2 竹藤佳世
7月12日(土)土屋幸嗣さん (AV監督・「カラコワシ」出演)
7月13日(日)元田敬三さん (写真家・「カラコワシ」出演)
7月17日(木)短編映像+「自作を語る」vol.3 竹藤佳世
7月19日(土)西宮ゆきさん (詩人/岩石研究・「殻家」出演)
7月20日(日)村山匡一郎さん (映画評論家)
7月24日(木)短編映像+「自作を語る」vol.4 竹藤佳世

当日:一般1300円/学生1100円/シニア1000円   
特別鑑賞券(1000円)発売中

———————————————-
『半身反義』『Flower of Life』ダブル公開記念企画
■特別鑑賞券 劇場窓口特典
○特製B2ポスター:「半身反義」「竹藤佳世映像個展」両方の特別鑑賞券をお買い上げの方
メインビジュアルは、現代美術家で映画監督でもある大浦信行氏が「半身反義」にインスパイアされて制作したオリジナル作品がモチーフ。映画祭出品用に制作された、アート性の高い一品で、なくなり次第終了です。
○特製ポストカード:「半身反義」「竹藤佳世映像個展」どちらかの特別鑑賞券をお買い上げの方
特製ポスターで使用された、大浦信行氏によるモチーフのダブル公開記念特製ポストカードをプレゼント
■SPECIAL LIVE
『半身反義』『Flower of Life』ダブル公開記念スペシャルライブ!
6/28(土)開場13:30/開演14:00 料金1500円
※「半身反義」「竹藤佳世映像個展」いずれかの前売券をお持ちの方は1000円でご入場できます。
会場:アップリンク・ファクトリー (03-6825-5502)
出演:遠藤晶美・阿尾茂毅・竹藤佳世 ほか

『殻家』、『半身反義』などの音楽を手がけた遠藤晶美氏(龍村仁監督「地球交響曲第五番」サウンドトラック参加)と『半身反義』サウンドデザイナーの阿尾茂毅氏(河瀬直美監督「殯の森」録音)による、コラボレーションが実現。
映画の中でも使われている、民族楽器等を用いたアースサウンドと70年代アナログシンセによる一期一会のライブ。
公開直前の「半身反義」についてのトークや、音と映像が絡みあうセッションが展開!

★最新情報はHPでチェック http://www.powderroom.jp

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=46628

執筆者

Naomi KannoNaomi KannoNaomi KannoNaomi KannoNaomi KannoNaomi KannoNaomi Kanno