『ロッキー・ザ・ファイナル』対比153.1%の土日2億円越えのスタート!
【客層について】
朝の早い回から、『ランボー』シリーズや主演のスタローンファンと見られる男性客や年配の夫婦が劇場に押しかけ、メイン館のスカラ座では初回から300名を越える勢いのあるスタート。午後からの雨で客足が心配されましたが、その勢いは衰えず、徐々に20-30代カップルの姿が増え、男性主導のデート映画として集客に成功。土日2日間で全国興収2億円を越える好調なスタートを切る事ができました。これはスタローン主演の『ロッキー・ザ・ファイナル』比較で約153.1%となります。(*数字の詳細は下記ご参照下さい)また公開前日の5/23(金)に日劇2にて開催された『ランボー 最後の戦場』プレミアムプレナイトには、22:00本編上映開始という遅い時間にも関わらず、男性客や若いカップル中心に集客し動員321名を記録。これまで日劇プレックスにて実施された公開前日の上映の中では第1位の動員数となりました。

————————————
大ヒットを受け、世界でただ一つのスタローン直筆サイン入り、推定価値1000万円(!!)の本編使用の弓オークション開始

元グリーンベレーのランボーを象徴する、一心同体ともいえる一人軍隊を支える最強の武器「弓」(コンパウンド・ボウ)。時にはヘリを爆破し、時にはゲリラ戦で音もなく敵を射止めるランボーの「弓」は4作目の本作にも、大切なシーンで使用されています。この度、本作の舞台にしたミャンマーでおきたサイクロン被害に役立てたい、と5月上旬来日したシルベスター・スタローンさん発案からこちらの大変貴重なアイテムをサイン入りでご提供いただきまして、公開オークションが実現いたしました。

★パソコンテレビGyaO×ビッダーズのチャリティーオークションページにて出品
【開催期間】 5/28(水)〜6/11(水)まで
【実施URL】 http://www.gyao.jp/auction/
※オークションページは開催期間中に限りアップ。
※今回のオークションでの収益はユニセフに寄付され、
サイクロンの被害にあったミャンマーの復興の為に使われる予定です。

★スタローン氏のコメント
悲しいことに、ミャンマーで60年続いている内戦のことを世界の人々はあまり知らない。だから、しっかりと目を向けて、現状を見て欲しいと思い、本作の舞台としてミャンマーを選びました。今回のサイクロンで多くの被害が出てしまったが、ミャンマーの軍事政権がどれだけ国民を無視し、信用していないかが露見したと思う。この犠牲者は多大で、とても悲劇的なことだが、サイクロンとこの映画によって、世界の目がミャンマーに向けられ、少しでも彼らの暮らしが良くなることを望みます。そして、私の映画で使用されたアイテムが実際にミャンマーの人々の役に立つことを願っています。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=44965