大森美香監督最新作、大杉漣主演の映画『ネコナデ』が3月27日(木)にクランクインした。本作は2008年度、東京・渋谷Q-AXシネマにて公開を予定している。

会社のリストラ担当、清廉潔白な中年企業戦士・鬼塚太郎が始めて心の底から癒されたものは猫──。何気ないしぐさや鳴き声で、すべてを許せてしまう理不尽な存在と格闘する、頭の固い中年男。誰もが癒しを求める時代、本当の癒し=やすらぎを獲得するには、それなりの努力が必要だった。

「ねこ鍋」で火がつき、爆発的人気を見せるねこ写真集、相次いで創刊されるねこ雑誌、続々開店するねこカフェ……猫ファンのみならず日本中の老若男女のハートをわしづかみにしている猫。仔ねこの卑怯な程の愛くるしさと、堅物なのに滑稽な主人公の姿に、笑いつつも、ボロっと泣けるハートウォーミング・キャットムービーが、この夏、誕生する。

大森美香監督「去年、猫と暮らせそうで暮らせなかったのですが、そのときにこのお話をいただき、猫との縁を感じています。脚本を読んですぐに大杉さんの顔が浮かんできて、『こんなかわいいおじ様を演じる大杉さんを見たい!』と思いました」

大杉漣「脚本を読んですぐに『主人公の鬼塚は自分自身だ』と思いました。大森監督の演出、ねこちゃんとの共演も楽しみです。新しい大杉漣をお見せします」

★2008年今夏、Q-AXシネマにて夏休みロードショー

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=46294