9月1日より109シネマズ=UCを中心として、全国84プリントにて公開となったクロックワークス、カラー配給の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、初日から全国各地の劇場に多数の観客がつめかける大ヒットスタートとなった。

9月1日、2日の動員数、興行成績は236、158人、280,424,200円
これにより、週末2日間(9/1、9/2)の全国興収が夏休みの大作群を抜きダントツ第一位へ躍り出て、1館あたりのアベレ−ジも3,000,000円を超える高数値となる結果となった。

特に、作品露出の盛り上がりを受けた新宿ではシネマスクエアとうきゅう(224席)からミラノ1(1046席)に急遽劇場を変更して初日を迎えた。結果、午前4:00ごろには800人近い長蛇の列ができ、初回は満席立ち見。その後も観客の勢いは止まらず夜9時半の上映まで、なんと7回連続の満席・立ち見となった。1000席を越える大劇場での7回連続満席は極めて異例。鑑賞後の反応は毎回終了時に拍手が沸き起こり、顧客満足度の高い作品となったことが伺える。
新宿ミラノ1 9月1日(土)動員:7020人 興収:7、853、100円
       9月2日(日)動員:5542人 興収:7、786、400円
新宿以外での劇場でも初日は全国的に爆発的な動員。全国各地にて、正午の時点でレイトショ−の回まで全回売り切れの劇場が続出した。これにより、多数の劇場にて日計動員新記録が出ている。

客層は、10代より40代までと幅広いが、特に10代後半から20代半ばの、10年前に劇場公開された前作を体感していない若い層が中心となっていることが、新しい”エヴァ伝説”の誕生を感じさせる。また、10年前に比べ、若いカップルが多く見受けられるのも特徴。デートムービーとしての観客の広がりを期待させている。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45171